SoftBankからBIGLOBE SIM 12GBへ、2台同時!?にMNPした話(1/4)準備編

・ちゃんと比べてみてわかった、格安SIMの圧倒的なコストメリット

これまでいろんなキャリアを渡り歩いてきて、ここ5年くらいはSoftBankに落ち着いており…

いろいろ格安SIMの話題には耳にしていたものの、今更乗り換えも面倒だなと…番号はそのまま使えても、まぁその他もろもろ手間だし、費用もかかるような…と思っていたわけです(基本的にめんどくさがり)

が、ここ最近になって僕の周囲でも格安SIMに乗り換えました系の話をよく聞くようになり、実際MNPした場合、どんなメリットがあって、どれくらいコスト感が変わってくるかを試算してみようということになりました。


現状の契約(SoftBank):2回線=¥21,000-/月平均

僕(iPhone 6s)機種残債あり(残 ¥40,000ほど)
妻(iPhone 5c)機種残債なし


 

そして、現状の契約とBIGLOBE SIM 12GBへのMNP後の年間使用料試算はこんな感じ。

MNP試算表

 なんと、1年間で19万円!

5年で96万…

(軽自動車買えますな…)

 

現時点で乗り換えた場合、どれくらいで差額をペイできるかも試算してみた。

iPhone SEのSIMフリーを購入/残債の支払い/解約・契約手数料等を含めると、だいたい現状のSoftBankを1年間使い続けるのと同じ出費で乗り換えられる(黄色のセル部分)ことが判明。
(=SIMフリーに乗り換えた節約効果(差益)は1年後から発生)


MNP後の契約(BIGLOBE):主回線+シェアSIM+通話パック¥650=¥4,950-/月平均!!!

僕(iPhone SE)SIMフリー 64GB(¥59,800-)
妻(iPhone SE)SIMフリー 16GB(¥47,800-)


iPhone SE

 

機種は、なんとなくiPhoneを使い慣れている、という理由からiPhone SEに決定。どうしてもAndroidに馴染めない(ゴロ見用に買ったKindle Fireでさえ持ちぐされ状態…)デザイナーだしね。

いらなくなったiPhoneは下取りへ出すこともできるようなので、積極的に活用させてもらおう。(Appleへ送付して買い取ってもらう方法>http://www.apple.com/jp/iphone/trade-in/

※現金ではなくAppleギフトカードでの支払いとなるのはちょっと微妙ですが…

ということで、SIMフリー版 iPhone SEをApple Storeで購入。入荷まで2〜3週となっていたが、実際には10日前後で発送されてきた。(次回へ続く…)